MENU

Report

開催報告
         

京都スタートアップ支援エンジェルコミュニティは、シード、アーリー期のディープテック分野のスタートアップを主に支援を行っています。2021年3月に活動の中心である交流会(ピッチ会+情報交換会)をスタートさせ、以降、8月、12月、2022年3月と、これまで4回開催し、合計25のスタートアップに登壇いただきました。

 

選考されたスタートアップ企業は、事前にメンタリングを受けて事業計画のブラッシュアップを行い、交流会の場でエンジェルアドバイザーや投資家に向けて発表を行います。交流会後半のセッションでは参加者と自由に情報交換、意見交換を行うことができます。

 

エンジェルコミュニティの活動は、このように交流会の開催を柱にしながら、事前のメンタリングを通じた事業計画のブラッシュアップ支援、さらに交流会終了後も協業・業務提携や資金調達の支援を進めています。

 

キックオフ交流会(2021年3月29日 京都市内)

 

 

 

交流会(第4回)

     

2022年3月25日(金)、京都スタートアップ支援 エンジェルコミュニティ第4回交流会を、ホテルグランヴィア京都にて開催しました。

 

 

今回新たにご参加いただく方も多く、エンジェルアドバイザー・登壇者に加え、府内金融機関やVC、支援機関など、スタートアップに関連する計41名にお集まりいただくとともに、オンラインでも多くの方にご視聴をいただきました。

 

登壇企業による10分間のプレゼンテーションの後、質疑応答では、

・事業計画、売上げについてもう少し検討するべき点がないか

・自社商品の優位性はどこか

・事業モデルの集中や選択をきちんとしていくべきではないか

などエンジェルアドバイザーを中心に登壇者と活発な質疑応答が繰り広げられました。

 

登壇後に開催した情報交換会では、それぞれの企業が自社紹介パネルの前でエンジェルアドバイザーや来場者の方と活発な情報交換があり、登壇者からは、

・この集まりでしか拝見出来ない貴重な話を聞くことが出来た。

・今回の登壇で様々なつながりができ、非常に価値のある機会になると共に、事前にPwC京都監査法人とのメンタリングで事業計画や発表の仕方など、多くのことを学ぶことができ、今後の事業の発展に大きな意義があった。

等の感想を頂戴しました。

 

  

今後もスタートアップ企業の早期成長を実現できるよう、本会を進めてまいります。

開催日時

2022年3月25日(金)15:00~18:00

プログラム

1.登壇スタートアップ企業 ピッチ、質疑応答

大阪ヒートクール株式会社 代表取締役 伊庭野 健造
クアドリティクス株式会社 代表取締役 林 康平
Symbiobe株式会社 代表取締役 後 圭介
DeepForest Technologies 株式会社(創業予定) 代表取締役 大西 信德
ティエムファクトリ株式会社 代表取締役社長 倉田 真弥
・XORBI(創業予定) 創業者/CEO ファリッド・ベン・アモール
(全6社 登壇順)

2.情報交換会

会場

ホテルグランヴィア京都 竹取の間

主催

京都府、(公財)京都産業21

後援

(一社)京都知恵産業創造の森

大阪ヒートクール株式会社

大阪ヒートクール株式会社

代表取締役 伊庭野 健造

”かゆみ”を解決する温冷触覚インタフェース

アトピー性皮膚炎などの症状は、無意識に患部をひっかき、傷つけると悪化していきます。脳をだまし、疑似的に痛覚を与えれば、かゆみの悪循環を断ち切ることができます。「熱い、冷たい、痛い」を供給できるウェアラブルデバイスを開発し、”かゆみ”のペインを解決します。
さらに、皮膚触覚からの非侵襲な脳刺激を活用し、様々な疾患の治療へ応用するトータルヘルスケア事業を展開します。

クアドリティクス株式会社

クアドリティクス株式会社

代表取締役 林 康平

心拍変動解析AIによる医療DX

現状の医療は「症状・症候」という問題の解決は得意でも、問題の発生を事前に予測して予防することはあまり得意ではありません。そこで我々は、独自の心拍変動解析AIを用い、症候化や重症化を可視化するサービスを開発・実装しています。高精度なウェアラブル心電計とスマホ搭載可能な解析アルゴリズムにより、てんかん発作の予知や自覚症状によらない睡眠時無呼吸検査等、様々な社会的な課題を解決してまいります。

Symbiobe株式会社

Symbiobe株式会社

代表取締役 後 圭介

「空気を資源化するバイオテクノロジーによる資源循環型物質生産プラットフォーム構築」

持続可能な社会と産業の実現に向けて、光合成生物の持つ二酸化炭素固定と窒素固定の能力をフル活用するバイオテクノロジーを駆使・発展させることで、温室効果ガスの固定・削減を進めながら、枯渇資源に頼らず生産可能で環境性能にも優れたバイオポリマーや農業用窒素肥料・水産養殖用飼料等の有用物質を生産する資源循環型物質生産プラットフォームの構築を進めます。

DeepForest Technologies株式会社(創業予定)

DeepForest Technologies株式会社(創業予定)

代表取締役 大西 信德

ドローンとAIで森林の状況を可視化し、森林保全を加速する

ドローンとAIを活用した、各樹木単位で森林の状況把握が可能なソフトウェアの提供を行います。
林業の低迷や熱帯雨林の森林伐採が進む中で、森林管理にドローンの活用が期待されていますが、ドローンから森林の状況を解析する手法が整っていません。私たちは誰もがドローンから各樹木の樹種やサイズ、さらに炭素蓄積量や生物多様性など森林の状況を把握できるソフトウェアを提供し、世界中の森林の保全に貢献します。

ティエムファクトリ株式会社

ティエムファクトリ株式会社

代表取締役社長 倉田 真弥

透明断熱材SUFAの事業化

私たちは、透明断熱材SUFAの事業化に取り組んでいます。現在市場に流通している断熱材はすべて不透明であるため、SUFAによってあらゆる「窓」に断熱材を搭載することが初めて可能となります。熱損失の大きい窓部を高断熱化することにより、世界中の様々な産業・民生分野での消費エネルギー量削減に貢献し、カーボンニュートラルの実現を加速させてまいります。

XORBI(創業予定)

XORBI(創業予定)

創業者/CEO ファリッド・ベン・アモール

多人数参加型・マルチバース・パラレルワールドの要素を持つ世界初のAR・VRゲーム「XORBI」の開発

忠実に再現されたパラレルワールドの地球を気の向くままに作り変え、また他のユーザーと協力して建物の建築や探索、冒険やコミュニティを築くことができる、世界初のAR・VRを活用したサンドボックス×ソーシャルゲーム『XORBI』を開発。どこにいても、自分の住んでいる街を創り変えることができる異世界に没入できる新たな体験を提供します。

前回までのレポート