MENU

スタートアップ支援概要

取組の理念

ビジネスを通じたSDGsの達成・未来社会実現のため、世界に伍するスタートアップ・エコシステム拠点都市を京都に形成します。

取組方向

京都府の掲げる『起業するなら京都』に連動し、支援機関等と連携・補完し合いながら京都経済センターを舞台に、スタートアップ企業に最も近い立場になって積極的な支援に取り組んでいます。
スタートアップ企業が必要とされる各種施策を立案し、活用いただくことで、京都府内のGDPと雇用の増大に寄与します。

京都産業21のスタートアップ支援

エンジェルコミュニティの形成

京都スタートアップ支援エンジェルコミュニティ

京都ものづくり企業経営者、および京都ゆかりのエンジェル投資家からなるエンジェルアドバイザーで形成され、主に京都府内のシード・アーリー期のディープテック型スタートアップを対象に、経営アドバイス、メンタリングや協業機会の創出、資金支援を行い、早期成長を継続的・包括的に応援するコミュニティです。

詳細はこちら

資金調達(アーリー期以降)の支援

京都発 スター創生事業

成長・発展が期待される、研究開発型の「スタートアップ企業」や「第二創業の中小企業」等が、資金調達(数千万円~数億円を想定)を目的として、ベンチャーキャピタル等に対して事業計画を発表するピッチ会を開催します。

詳細はこちら

補助金等による事業支援・資金調達支援

<補助金制度の例>

よろず支援拠点による個別相談対応

「よろず支援拠点」は、新規創業をはじめ中小企業・小規模事業者のあらゆるご相談に無料で応じています。
ご相談回数に制限はありません。
国が設置し京都産業21が運営する相談窓口です。

場所

京都府産業支援センター(京都市下京区 京都リサーチパーク内)
TEL:075-315-8660
京都経済センター(京都市下京区 京都経済センター3階)
TEL:075-708-3063

営業日

平日8:30~17:00(年末年始等を除く)

相談例

会社設立手続き、経営計画の立案、資金繰り等

詳細はこちら

連携する機関・団体の取組状況

公益財団法人京都産業21では、2020年4月にクロスファンクショナルチーム(CFT)、2021年4月にイノベーション支援部を立ち上げ、スタートアップ支援に取り組んでいます。

CFT

Cross Functional Team とは

「スタートアップ推進」という視点で京都産業21が進める多様な事業とネットワークを総合的・効果的に展開するため財団内を横断して編成するチームです。 京都府の掲げる『起業するなら京都』と連動し、関係機関と連携しながら、世界に伍する日本型のスタートアップ・エコシステムの拠点の形成を目指し取り組んでいます。