【京都大学理学研究科附属天文台】「望遠鏡製造の精密技術を多方面に応用展開できるセミナー」のご案内

花山天文台講演会 「望遠鏡製造の精密技術を多方面に応用展開できるセミナー」のご案内

来る2016年4月25日(月)午後3時~4時半に、京都大学花山天文台において、下記内容の講演会を企画しております。京大岡山3.8m望遠鏡建設の際に開発された新技術を、産業界にフィードバックするために、産学連携のフリーディスカッションの場にしたいと考えています。
産業界の皆様におきましては、是非、奮ってご参加をお願い申し上げます。

日時 2016年4月25日(月)午後3時~4時30分
場所 京都大学花山天文台本館講義室 (075-581-1235)
google map  アクセス方法
司会 柴田一成 (京都大学理学研究科 附属天文台 台長)
講演1 栗田光樹夫 (京都大学理学研究科 宇宙物理学教室 准教授)
「世界に肩を並べた京大岡山3.8m望遠鏡技術の全容」
講演2 荻野司 (京都大学宇宙総合学研究ユニット 特任教授)
「3.8m望遠鏡製作技術からモノづくりラボへ!その可能性を探る」
概要: 岡山に設置する予定の直径3.8m(東洋一)望遠鏡製作技術を紹介すると共に、本技術の産業応用について議論を行います。また、本技術による産学連携事業化構想について紹介し、京都を中心とした新たな事業創造について議論する予定です。
特に、京大発の研削・研磨技術、光計測を中心とした計測技術、ユニークな軽量架台、分割鏡のアクティブ制御技術の他分野への応用と産業化について、その可能性を探る場になればと考えております。
講演会後、花山天文台見学会(天気が良ければ天体観望会)も予定しています。
申し込み先 京都大学理学研究科宇宙物理学教室 准教授 野上大作
電子メールアドレス nogami@kwasan.kyoto-u.ac.jp
(定員になり次第締切ります)
主催 京都大学理学研究科 附属天文台
共催 京都大学理学研究科 宇宙物理学教室
京都大学宇宙総合学研究ユニット

 

京都元気な地域づくり応援ファンド京都農商工連携応援ファンド支援事業京都次世代ものづくり産業雇用創出プロジェクト会員制度のご案内京都企業・承継ナビ京都イノベーション創出ネットワーク京都府よろず支援拠点経営品質協議会densan_bannarsmart city expokyotoconso_bannerkako_rireki

ページの先頭へ