5Sの推進
・“5S”について、よくわかっていたつもりですが、なかなか定着できません。  もう一度チャレンジしたいと思っているのですが・・
・今、なぜ“5S”が叫ばれるのですか?




1.5S活動は先ず自社で「5Sの定義」を定めて、全員が理解することから始めます。
  @整理:要る物と要らない物に区分して、要らない物を処分します!
  A整頓:要る物を所定の場所にきちんと片付け、いつでも使えるようにします!
  B清掃:身の回りや職場をゴミ・汚れのない状態にします!
  C清潔:いつ誰が見ても、誰が使っても不快感を与えぬようきれいに保ちます!
  D躾 :職場のルールや規律を守り、かつ上記4Sの努力を継続していきます!

2.進め方のポイントは次の通りです。
  @整理:1)短時間でいっせいに行い、思いきって処分する。
        2)JIT手法の考え方を原則とし、持ち過ぎを避ける。
  A整頓:1)作業性、安全性、美観等を考慮して配置を決める。
        2)表示を工夫する。
  B清掃:1)短時間でこまめに清掃するようにする。
        2)汚れの発生源を見つけ、対策を打つ。
        《発生源対策》→(根源を絶つ!)
  C清潔:1)機械設備、床等はピカピカに磨き、雰囲気を一新する。
        2)色彩管理を取り入れて清潔感を出すようにする。
  E躾 :管理者の率先垂範と部下に対する監督、教育指導、訓練の継続的実施をする。

3.今、何故“5S”かというと、メーカーの生命線は“生産競争力”であり、それは“5S”をベースとする“物作り”の信頼性と現場・現物主義に基づく改善力や創造力によって決まると考えられるからです。
  一般に、生産競争力はQ、C、D、Sの各指標で評価されます。
  (Q:品質、C:コスト、D:納期、S:サービス・顧客満足度)
  「5S活動」は、一時的な活動でなく、永続的に実施し、特に言われなくとも常に社内に浸透している状態にまですることが肝要です。
  また、5Sが実行できていない段階で、複雑な生産システムの導入等を進めると、失敗する確率が高いので注意しましょう!!
回答者:(財)京都産業21 経営支援相談員 江川 宗治

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.