特許出願の費用
 特許権を取得するには費用も相当かかると聞いていますが、いくらぐらいかかるのですか?




 特許権など知的財産権(知的所有権)を取得するには、出願関係の手数料、審判請求の手数料、登録料などのほか、弁理士に頼むと更に手数料、謝金等が必要となります。
 特許権(財産権の中で最も費用が高くつく)について以下にその費用の概要を紹介します。

・「特許願」手数料 : 21,000円
・「特許出願審査請求」手数料 : 84,300円+(請求項の数 x 2,000円)
・「特許料」第1年から第3年まで:毎年13,000円に1請求項につき1,100円を加えた額
 …4〜6年、7〜9年、10年以上(87,600円/年)と段階を追って年々高くなる。
 (「特許料」は、他の財産権では“‥‥”登録料と呼ばれる。)
・「特許出願」弁理士手数料 :175,000円以上
・「特許出願」弁理士謝金 :100,000円以上
・「意見書」または「手続補正書」もしくはその他の中間手続弁理士手数料
                 : 55,000円以上

 以上が外部に支払い必要な費用の目安です。
 《 通常、登録までいくと、少なくとも50万円前後は必要と思われます! 》
 これは、もちろんお願いする“弁理士さん”によっても異なるでしょうし、依頼事項や内容の特殊さなどによっても大きく変わる場合があると思われます。
 もし、弁理士に依頼せず、自前で出願処理をやるのであれば、その分不要ですし、「審査請求」もしないのであれば、その分も不要となるのは言うまでもありません。

〔注〕:特許出願しても、出願審査の請求をして実体審査などを通らなければ、特許権になりません。
    すなわち、出願審査を請求されなかった出願は、請求期間(出願日から3年以内)が経過した後は取り下げられたものとみなされます。 ただし、先願として他人の後願に対する効力は有します。
    また、出願して1ヶ月ぐらいして受付書を特許庁から頂くが、それで許可されたように勘違いされる方も見受けられます。形式に間違いがなければみんな受付けされるだけですので注意しましょう! 権利化できるかどうかは、「出願審査請求書」を提出してからです。
回答者:(財)京都産業21 経営支援相談員 江川 宗治

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.