知的財産権(知的所有権)とは?
 最近大企業に行っている友人の会社では特許部が知的財産部と名称変更されたそうです。少しはわかる気がするのですが、知的財産権のほかに知的所有権という言葉も聞きます。正確なところを教えて下さい。




 知的財産制度は、“人間による「知的創造物」や「営業上の標識」について、一定期間に限り、排他的な独占権を認めることによって、産業の発達や文化の発展を図ろうとする”のがその趣旨とされています。
 知的財産権は知的所有権とも呼ばれ、“人間による「知的創作物」と、「営業上の標識」を独占的に利用する権利の総称”と言われています。
 具体的には、「特許権」、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」、「商号権」、「著作権」などがあります。
 これらの保護の目的に着目して、産業の発達を目的とする「工業所有権」と文化の発展を目的とする「著作権」等に分類されることがあります。
 すなわち、「工業所有権」と呼ばれるときは、狭義では「特許権」、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」の4権を言い、広義では「特許権」、「実用新案権」、「意匠権」、「商標権」の他に、「商号権」なども含めることもあります。

知的財産権
(知的所有権)
工業所有権
(狭義)
特許権
実用新案権
商標権
意匠権
  著作権
回路配置利用権
称号
・・・その他
回答者:(財)京都産業21 経営支援相談員 江川 宗治

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.