労働条件の不利益変更について
 今般、会社の経営が苦しくなってきたため、雇用条件の見直しを図ろうと考えています。
 具体的には賃下げなのですが、「労働条件の不利益変更」にあたるのでしょうか。




 会社と従業員の関係は、双方の労働契約によって成り立っており、この内容は労働基準法や就業規則の規定内容によってうめられています。つまり、労働条件などの多くは就業規則などによって定められ、これが契約内容になっているといっても差し支えありません。そのため、すでに契約内容となっている労働条件を使用者が勝手に変更できるものではありません。
 しかし、全く出来ないかというとそういうことではなく、合理的な理由があれば変更できるというのが判例理論の考え方です。
 もっとも、その合理性の判断が問題なのですが、一般的には変更の内容と必要性の両面から総合的に判断するとされています。その際、検討されるべき事柄は、一般的には、変更の内容、種類、程度、代償処置があるか、変更後の社会的相当性などといわれています。
回答者:弁護士 田中 彰寿

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.