株式公開の手順
 当社は、かねてから株式公開を考えていましたが、この度、5年先を目標に株式を公開することを社内で決定しました。株式を公開する場合には、いつ頃から、どのような準備や手続きが必要でしょうか。




 株式公開するためには、監査法人の監査、社内管理体制の整備、関係会社の整備等々、長期にわたる準備作業が必要なものや時間的な制約のあるものがあります。できるだけ効率的に進めるためにスケジュール表を作成して、着実に実行することが大切です。以下は標準的なスケジュールですが監査法人か公認会計士等に相談しながら進めることをお勧めします。

(3年前まで)
・店頭登録申請予定時期の決定 ・主幹事証券会社の決定
・監査法人の決定 ・社内プロジェクトチーム発足
・資本政策(マスタープラン)の作成 ・従業員持株会の発足
・社内管理体制の整備 ・特別利害関係者、関係会社等株異動

(2年前)
・監査法人契約締結 ・審査、申請書類の作成
・経営計画、予算統制制度の確立 ・月次決算制度の確立
・組織、人事制度の見直し ・内部監査体制の確立
・社内諸規程の整備

(1年前)
・審査書類を主幹事証券会社へ提出 ・主幹事証券会社の審査開始

(申請年度)
・株主総会において定款変更 ・株式の切替
・主幹事証券会社の最終審査 ・申請書類の作成
・店頭登録申請 ・協会審査
・公募または売出し
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.