キャッシュフロー経営とは
 最近は、キャッシュフロー会計やキャッシュフロー経営という言葉も聞きます。先日も銀行の営業係がきてキャッシュフローを高めるというようなことを言って帰りました。その場は、適当に解ったような顔をして話を合わせましたが本当は何も知りませんでした。今なぜそのようなことが言われだしたのか、その内容は何か教えてください。




 キャッシュフロー会計が重視されるようになったのは、2つの理由があります。1つは、損益計算書の利益が発生主義により計算され、その処理方法により利益額が変わり、恣意性が入る余地があります。しかし、現預金の動きは事実しかありません。2つ目の理由は、資金回収力がどの程度あるかが計算されるので、金融機関はここを重視して融資=返済能力の判断をすることができます。この背景にはバブル崩壊後の融資が担保主義から返済能力主義に変わったこと、経済のグローバル化により、海外投資家の判断基準としてキャッシュフローが重視されることがあります。
 キャッシュフロー計算書は、企業本業の活動を示す「営業活動」、設備投資や外部投資活動を示す「投資活動」、資金の調達や返済を示す「財務活動」の3区分に分け、それぞれの収支と小計を表示して、企業全体のキャッシュフローの結果を表します。投資活動は、設備投資等の内部投資と投資有価証券のような外部投資に分かれますが、内部投資は長期的な観点から営業活動の一部と考えられるので「営業活動」小計から内部投資を差引きし、これをフリーキャッシュフローと呼び、企業の返済能力を示す金額とされています。
 キャッシュフローは、資金回収を重視し、財務活動だけでなく経営全体に広げて、考えると効果的です。例えば、在庫や売掛金が増えると資金は不足します。ましてや貸倒れ、不良在庫は全額が資金不足要因となります。売上も仕入れも回収・支払条件を確認して、資金効率を全社体制で高めることがキャッシュフロー経営です。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.