経営状況の悪化している取引先への対応
 当社は、30年間にわたって包装資材の卸売りをしています。色々な業種の得意先があり、中には不況業種に該当するところも多数あります。明らかに業況が悪いと感じるところもありますが何も手を打っていません。このような場合どのような方法があるでしょうか。




 緊急事態が発生してから対策を考えていては、間に合いませんから、日頃から、取引先の観察と、段階に応じた手段を整理、準備しておく必要があります。
 突然に、一方的な契約解除をしたり、商品を引き上げたりするとそれが引き金になって信用不安になったり、損害賠償を請求されることもありますので注意が必要です。

 1.確認をする
  ・取引先の経営者等から直接に事情説明と財務諸表の提出を求める
  ・担保設定を検討または見直しする
  ・売掛金、受取手形残高と与信額の見直し
  ・当社商品の在庫の確認
 2.取引停止の検討
  ・不動産担保、個人保証の要求
  ・取引先資産、個人資産の確認調査と担保等設定状況の確認
  ・契約書等書面の有無と確認
  ・取引停止の場合は、債権回収条件の強い交渉
 3.緊急事態への対応
  ・追加担保の強い交渉
  ・契約解除・商品引き揚げ
  ・相殺、代物弁済、債権譲渡
  ・仮押さえ、仮処分

 ただし、不法行為にならないように注意が必要です。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.