有限会社を作る
 現在、株式会社がありますが、部門を分けて取扱商品を変えた、有限会社を立ち上げようと考えています。できれば自分でやろうかとも考えています。しかし、面倒なら専門家にまかせようかと迷っています。よいアドバイスをください。




(自分で作る場合)
 ・様式・用紙等と解説書のセットされたものが市販され、これを使うと便利です。時間的には、登記までに1ヶ月位を予定した方がよいでしょう。
 ・作ろうとする会社の本店住所、事業目的、商号を決め、登記所に行って、類似商号の調査をします。ここでだめが出ると前に進めません。
 ・事業目的は、商品の販売といった抽象的な表現はだめで、具体的で用語として一般化している必要があります。新しいカタカナ用語はだめな場合が多いので注意を要します。
 ・これが決まれば、定款作成→公証人の認証→資本金の払込→銀行の保管証明→登記 といったスケジュールになります。この間に、会社印鑑の作成、個人印鑑証明、金融機関の選定と事前打合せ等が必要です。
 ・事業内容の閑繁を考え、決算時期を選ぶこと。役員報酬の限度額をすこしゆとりを持って、決めておくこと。当初の設備投資が多い場合に、消費税の課税事業者を選択すべきかどうかを検討すること。予定所得と役員数、役員報酬額の検討をすること等が事前検討項目です。

(専門家への依頼について)
 ・会社を作り、登記するのは司法書士の仕事です。
 ・立ち上げ後のことを考え、決算時期、消費税、役員報酬等を税理士等と相談し、司法書士に依頼するのもよいでしょう。
 ・事務系の知識があり、会社を作ることが後に役に立つと思えば自分でやればよいでしょう。思った以上に面倒かもしれません。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.