個人事業と会社設立のメリット・デメリット
 リフォームを得意として、建築工事業をしてきましたが、最近のブームで仕事が増えてきましたので、人を雇い入れるのをきっかけに法人化しようかと考えています。周囲の人にそれとなく相談しているのですが、すすめる人と、面倒だからと反対する人が半ばです。どのように考えればよいでしょうか。




 会社設立の目的は何か?と中小企業の経営者に尋ねると、大半の人は一番に対外信用をあげますが、かならず節税になるともいいます。しかし、誰もがいつも節税になるわけではありませんので注意が必要です。

(メリット)
1.税の軽減
 ・会社の場合、経営者は給与を支給され、これが給与所得となって所得税と住民税を納めます。今まで個人事業で所得税、事業税、住民税を納めていたものが、その儲けを全額、給与として支給した場合、事業税の負担が無くなります。しかも、支給した給与額から給与所得控除があります。
 ・消費税は資本金が1,000万円未満の会社には設立から2年間は免税事業者となります。
2.対外信用
 ・取引先、金融機関等への信用力が増し、借入や雇用に有利となります。
 ・会社の借入に、経営者が保証人となれます。
3.その他
 ・生命保険料が経費となります。ただし、いくつかの条件があります。
 ・経営者本人に退職金が払えます。(退職所得は税が優遇されています)

(デメリット)
 ・赤字でも法人住民税の均等割が課税される。
 ・交際費に限度額がある。
 ・記帳の条件が厳しく、税務申告も複雑で費用が高くなる。
 ・株式会社の場合、定期に登記費用等が掛かる。
 ・社会保険が強制加入で、負担が嵩む。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.