有限会社と株式会社との違い
 私は、この秋からサラリーマン時代の経験を活かして、パソコン教室を開こうと思っています。古くからの友人も定年退職してブラブラしているので手伝ってやると言ってくれます。当初の設備投資や賃借する教室の保証金などが当面必要ですが借り入れをせず、共同出資で会社を興してスタートしたいと思いますが、有限会社がよいでしょうか、それとも株式会社がよいでしょうか。




 有限会社と株式会社では主に次のような違いがあります

(有限会社) (株式会社)
・関係法 有限会社法 商 法
・最低資本金 300万円 1,000万円
・取締役 1人以上 3人以上
・監査役 おかなくてもよい 1人以上
・代表取締役 おかなくてもよい 1人以上
・社員(株主)数 1人〜50人 1人以上
・役員登記 変更時に必要 定期に変更登記

 その他、消費税では、資本金が1千万円以上の場合は、初年度から課税事業者となり、納税することになります。したがって株式会社は1千万円以上ですから必ずそうなります。

 社会的な評価という点では、株式会社が勝り、簡易性では有限会社が優れているので、広く資金を集め、大規模に成長させたい場合は株式会社、小回りを利かせて、安く済ませようとすると有限会社ということになるでしょうか。

 なお、平成15年2月から「中小企業等挑戦支援法」が施行され、会社設立後5年間は最低資本金を満たさなくてもよいという特例ができました。5年の間に最低資本金をクリアーできない場合は、解散を求められることになります。これによって1円でも株式会社や有限会社が設立できることになりました。新たに創業をして会社を設立する場合に認められますので、創業者であることの確認手続きや、経済産業省への届出、定款等の特例の記載事項等があります。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.