会計ソフトの導入
 小さな小売店をしています。今のような時代にはパソコンくらい無くてはいけないと思い購入しましたが、インターネットを見ているだけです。人から、会計をパソコンでやると便利だと聞きましたが、どのようなソフトを買えばいいのか分かりません。その選定のポイントを教えてください。




 会計は、パソコンで処理することにより、転記・集計が必要なくなり、一度の入力で、試算表や資金繰り表、分析や前年・予算対比まで即座にやってくれるすぐれものです。しかし、何でもよいというわけではありません。

1.(業 種)
 市販されている会計ソフトは、小売・卸・製造業向けに出来ていますが、少し手を加えることで、ほとんどの業種で使えると思いますが、建設業等には独自に業種別会計ソフトがありますので、その方がよいでしょう。

2.(企業規模)
 規模の大小では必ずしもあてはまりませんが、取引の数、勘定科目の多さ、部門別、補助分類、手形管理や減価償却、予算や前年対比、経営分析等の付属機能が多いと価格が高くなります。

3.(簿記知識と習熟度)
 簿記知識が無くても使えるといっているソフトもあるようですが、それでも、初期の設定を知識のある人に詳細にしてもらえば、通常の取引が入力できるということです。また、日常の取引は処理できても、決算で何をすればよいのかパソコンは教えてくれません。
 手書き伝票に習熟している人は伝票形式で、そうでない人は現金出納帳等の補助簿形式で入力するのがわかりやすいでしょう。

4.(税理士関与の有無)
 決算や税務申告を税理士に委託している場合は、事前に相談をしてから選ばないと、そのデータが活かされないことになるかもしれません。

5.(価 額)
 ソフトの販売価額は、およそ2万5千円から20万円迄です。
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.