設備貸与制度について
 新しく設備投資を考えていますが、機械設備をリースや割賦販売してもらえる支援制度があると聞いたのですが?




 (財)京都産業21では、創業者や小規模企業者等の方が必要な設備を導入される時、希望される設備を財団が代わってメーカーやディーラーから購入して、その設備を割賦販売またはリースする設備貸与制度を行っています。
 支払期間は、割賦販売の場合7年以内、リースの場合設備の法定耐用年数に応じて3年以上7年以内と長期で利用しやすい内容となっているほか、信用保証協会及び金融機関借入枠外で利用でき、何といっても公的機関が実施しているので安心してご利用いただけます。

1.対象企業
 (1)小規模企業者…原則従業員20人以下(ただし、商業・サービス業は5人以下)の企業ですが、最大50人以下まで利用可能
 (2)創業者(小規模企業者)
 ※その他要件があります。

2.対象設備
 機械設備等(土地、建物、賃貸用設備等は対象外)

3.貸与限度額
 (1)創業1年未満の企業等  50万円〜3,000万円
 (2)創業1年以上の企業等 100万円〜6,000万円


 その他ご利用にあたっての要件等詳しくは、(財)京都産業21 設備助成課までお問い合わせください。(Tel.075−315−8591)
回答者:(財)京都産業21

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.