新事業を進めるにあたって注意する点
 不動産関連の会社です。今回、ITを活用した不動産流通の新しいビジネスモデルで新事業を立ち上げます。経営革新講座も受講し、ビジネスプランは作成しました。新事業を進めるにあたって注意する点を教えてください。




ビジネスプランを絵に描いた餅に終わらせないため、次のことをしっかり考え、進めてください。

1.必要なプロジェクトを洗い出す
 先ず、ビジネスプランの目標を達成するために必要な仕事をプロジェクトとしてリストアップしてください。次に、各プロジェクトの目標、期限、重要度、優先順位を決めてください。

2.リーダー、メンバーを選ぶ
 どのプロジェクトも人材なくして推進できません。プロジェクトの目標、個人の特性をよく見てリーダー、メンバーに最適任者を選んでください。社内に人材がいない場合は、新たな人材の採用が必要です。専門性の高い仕事、常時ない仕事は、外部の専門家、パートナーを上手に活用しましょう。

3.アクションプランを作る
 プロジェクトごとに、メンバーの誰が、何を、いつまでに行うかのアクションプラン(実行計画)に落とし込んでください。権限と責任を明確にすることが大切です。

4.プロジェクトの進行を管理する
 プロジェクトリーダー、経営陣が定期的にプロジェクトの進行状況を確認し、進行の遅れ、不測事態の発生に適切な対策を打ってください。各プロジェクトからタイムリーに情報が入ってくる、コミュニケーションの仕組み作りも大切です。

5.経営者がリーダーシップを発揮する
 どんなに素晴らしいビジネスモデルでも、事業の立ち上げには大きな困難がともないます。この時、経営者が強力なリーダーシップを発揮することが大切です。「新事業が立ち上がらなければ会社の明日はない。既存事業のメンバーも一丸となって協力する。」という意識づけが必要です。また、新事業に携わるメンバーが活動しやすい組織、モチベーションを高める人事制度も必要です。
 新事業展開を通じて、社員の意識改革、会社の構造改革をめざして取り組んでください。
回答者:中小企業診断士 西村 卓

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.