開業時に必要な届出(法人)
今まで、個人で印刷業をしていましたが、この度、有限会社として法人成りすることになりました。すべての準備は整ったつもりでしたが、その後、どのような届出を、どこに出すのかが分かりません。教えてください。




〈税務関係〉
税 務 署・法人設立届出書(設立日から2ケ月以内に、定款写し、登記簿謄本等を添付して)
     ・青色申告承認申請書(設立日3ケ月か決算日の内早い日)
     ・給与支払事務所の開設届出書(設立日から1ケ月以内)
     (従業員が10名以下の場合は、源泉所得税の納期の特例の承認申請書を提出し6ヶ月分をまとめて納付すると便利)
     ・棚卸資産の評価方法の届出書
     ・減価償却資産の償却方法の届出書
府税事務所・法人事業の開始等届出書
市 役 所・同  上

〈労働保健・社会保険関係〉
社会保険事務所(健康保険・厚生年金保険)
     ・新規適用届
     ・新規適用事務所現況書
     ・被保険者資格取得届
     ・被扶養者届
 以上、法人は強制加入で設立後速やかに届出することになっています

公共職業安定所(雇用保険)
     ・適用事業所設置届(従業員を雇用して10日以内)
     ・被保険者資格取得届(従業員を雇用した翌月の10日まで)
労働基準監督署(労災保険)
     ・労働保険関係成立届(従業員を雇用して10日以内)
     ・適用事業報告   (    同  上     )
     ・就業規則届(従業員が10人雇用となったとき速やかに)
回答者:税理士・中小企業診断士 安田 徹

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.