独立する上での心構え
 現在28歳、食品メーカーの営業として全国をまわっています。将来、独立したいと考えています。独立する上での心構えを教えてください。




独立する上での心構えとして大切なことは、次の3つです。
1.自分が本当にやりたいことを見つけること
2.今の仕事に全力をあげ実績を残すこと
3.自分の気持ちを整理すること

1.自分が本当にやりたいことを見つけること
 独立後の荒波を乗り越えていくには、自分が本当にやりたいこと、これだと思うものに向かっていくパワーが必要です。本当にやりたいことを見つけるには、自分の性格、行動の特徴、価値観を見つめ直し、自分を知ることが大切です。自分はどんな時に楽しいか、うれしいか、どんな時に苦痛か、悲しいかを書き出して見るのも一つの方法です。家族、親しい友人の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

2.今の仕事に全力をあげ実績を残すこと
 この過程で問題を発見し解決する能力、的確な仕事の進め方など、経営者として必要な能力、資質を磨きましょう。仕事に取り組む姿勢はあなたの信用にもつながります。独立後のお客様や協力者など誰かが見ています。今の仕事をいやいや、手を抜いてやりながら成功するほど独立は甘くはありません。

3.自分の気持ちを整理すること
 独立することによって、得るもの、失うものがあります。現状に留まることによっても、得るもの、失うものがあります。後からしまったこんなはずではなかった、独立しなければよかったと後悔しないためにも、ここを書き出してみましょう。それでも独立と決めれば準備開始です。

 心構えができれば、事業として成功させる方法を考えることが大切です。
 これについては以降をご参考ください。
回答者:中小企業診断士 西村 卓

ご感想をお寄せ下さい。今後の参考とさせて頂きます。
 大いに参考になった  参考になった  情報が足りない  わかりにくい


HOME | 相談事例集TOP
創業 | 経営革新 | 資金調達 | 税務・会計 | 雇用・人材 | 経営 | マーケティング・営業
店舗・運営管理 | 法律 | 知的所有権 | IT | 生産管理 | 技術開発 | ISO/環境管理
 
Copyright (C) 2001-2003,Kyoto Indutrial Support Organization 21 All Rights Reserved.